ご注文方法 / top page

売りレコ・CD是非当店へお売り下さい!
   appleJam中古盤館貴方が作るお店です。

中古盤 Used Vinyl

コンディションはA.B.C.の三段階評価です。最初のアルファベットが盤質 あとのがジャケットの評価です。例) A-B ・・・盤はAランクでジャケットがBランクです。
※掲載後に売れたあとの削除が遅れる場合があります。ご注文を頂いた品が万一売り切れておりました際はご容赦頂けますようお願い申し上げます。

Vinyl

Al DiMeola - Elegant Gypsy
1977年国内盤 CBSソニー 25AP-540 A-C \1,300
tax in
(収納棚JAZZ4)
全編を包む「美」の感覚は流れるようなラインを持つエレキ・サウンドと同時に、
パコ・デルシアとの共演で聴かせるアコースティック・ギターによる究極の美の
世界と、互いにはっきりしたコントラストを持って描かれているのが印象的です。
当初はリターン・トゥ・フォーエヴァーの一員として世にデビューしたものの、これ
だけ突出したキャラクター故にその後のソロ活動も結果として当然かという感じ
もします。この盤はA・B面とも完全試聴の上でコンディション表示をしています。

Al DiMeola - Splendido Hotel (2LP)
1980年USA Columbia C2X-36270 A-A' \3,00
0tax in
(収納棚JAZZ4)
恐らくこれこそがディメオラの生涯を通じても最高傑作中の最高傑作ではないかという感触。
チック・コリアとのリユニオンを果たしたアルバムでもありました。揺るぎない自信と共に人気
の絶頂にあった時期の作品らしい説得力と存在感を感じます。この盤はA・B面とも完全試聴
の上でコンディション表示をしています。

Al DiMeola - Land of the Midnight Sun(邦題 白夜の大地)
国内盤CBSソニー 25AP-1964 A-A' \2,000
tax in
ジャコ(パストリアス)がB面のニューヨーク録音サイドに参加しているのが特筆。
A面はサンフランシスコでの録音で共に1975年のこと。ロックと融合したかのよう
な判りやすい音作りを当時はクロスオーバーと呼びまさにそれこそが時代の全盛
でした。個人的にはこの時期アンソニー・ジャクソンのベースにかなりしびれていま
した。ここでもA面で活躍しています。この盤はA・B面とも完全試聴の上でコンディ
ション表示をしています。

Al DiMeola - Casino
1978USA CBS Clumbia JC-35277 A-A' \2,000
tax in
(収納棚JAZZ4)
イレクトリック・フラメンコ・ギターという感じの中に、突然のサンタナ風
ラテンロックが飛び出す辺り、あらゆるギタリストに強烈な影響をその
サンタナが与えていたことの事実を思い知ります。この盤はA・B面と
も完全試聴の上でコンディション表示をしています。

Al DiMeola - Electric Rendezvous
国内盤CBSソニー 25AP-2266 A-A'帯付 \2,000
tax in
(収納棚JAZZ4)
一曲でパコ・デルシア(g)をゲストに迎えた、野心的な作りが印象に残る力作。
一方、甘美な歌謡ロック調の典型的サンタナ・ラテン・ロック・ギターも顔を覗か
せたりもする、まさにギターが大好きなギタリストのアルバムという感じです。
この盤はA・B面とも完全試聴の上でコンディション表示をしています。

Al DiMeola,John McLaughlin,Paco De Lucia - Friday Night in San Francisco
(邦題 スーパー・ギター・トリオ・ライヴ)
1981年国内盤CBSソニー30AP-2136
(DM Master Sound) A-A帯付 \3,800
tax in 《売り切れ Out of Stock》
ハイ・エンドのオーディオ・ユーザーに絶大な人気と支持を誇るソニーのDM盤。スーパー・
ギタリスト三者によるアコースティック・ギターのその弦が指板上でハジけるときのリアルさは
もはや筆舌に尽くしがたい魅力。これは絶対アナログでこそその真価を発揮する録音、大音
量で聴いても煩くない文字通り絶品中の絶品アナログ。この盤はA・B面とも完全試聴の上で
コンディション表示をしています。

Al DiMeola,Paco De Lucia,John McLaughlin,
Passion,Grace and Fire (邦題 情炎)
1983年国内盤 CBSソニー25AP-2651 A-A'帯付 \2,200
tax in
(収納棚JAZZ4)
1980年の「スーパー・ギター・トリオ」(注:日本では81年にリリースされた盤)の続編に当たる作品。
ライナーによりますと録音データは不詳ながらも、様々な事実からこの音源の収録時期と背景を
探っている部分がまさに日本盤のというかその解説の醍醐味でもあります。それはともかくもこの
時期このトリオが刺激になって世に新たに無数のアコースティック・ギターファンを生んだことの事実
からも彼らの果たした功績の大きさに再び思いを馳せてしまいました。この盤はA・B面とも完全試聴
の上でコンディション表示をしています。

Al DiMeola - Scenario
1983年国内盤25AP-2705 A-A' \2,000
tax in
(収納棚JAZZ4)
付録に2曲分の完全コピー譜付きというのは如何にもこの時期の
ギター人気の過熱ぶりを示している感じです。ゲストにフィル・コリ
ンズなんかも加わった、ディメオラとしてはかなりの野心作だったと
思います。この盤はA・B面とも完全試聴の上でコンディション表示
をしています。

Al DeMeola Project - Soaring Through A Dream
1985年国内盤 東芝EMI MHS-91133 A-A \2,000
tax in
(収納棚JAZZ4)
この時期まさにLPとカセットとCDの品番がジャケットに併記されていた時代。
レコード・メーカーもほんとに製造も大変、あとの商品管理と流通がもっと大変で
ほとんど経費倒れするのではないかと、販売店の立場でさえも心配した時期でした。
そういうお店でも同じ物をLPとCDとカセットで陳列しなくてはならず同じくらいそれが
頭痛のタネでした。やはりパッケージが一種類で普及するのが最も理想ですね。などと
いいつつ、今もこうやってレコードを心の底から愛しているヤツも居るわけですが(笑)。
瑞々しくかつSF的でもあるディメオラの新しい世界、アイアート・モレイラをメンバーに迎え
て、言ってみればこれはディメオラ風のRTFだったのかも知れません。この盤はA・B面
とも完全試聴の上でコンディション表示をしています。