ご注文方法 / top page appleJam中古盤館

売りレコ・CD是非当店へお売り下さい!
   appleJam中古盤館貴方が作るお店です。

コンディションはA.B.C.の三段階評価です。最初のアルファベットが盤質 あとのがジャケットの評価です。例) A-B ・・・盤はAランクでジャケットがBランクです。
※掲載後に売れたあとの削除が遅れる場合があります。ご注文を頂いた品が万一売り切れておりました際はご容赦頂けますようお願い申し上げます。

中古アナログ盤  Vinyl

Bobby Womack - Home Is Where the Heartis  ¥1,300tax in
1977年 国内盤 CBS SONY 25AP-344  ( 掲載日 2012年12月6日 収納棚 LP 10 )
コンディション   B-A'
Testing A-1 導入溝からA面1曲目のコンディションを試聴可
Testing B-1 導入溝からB面1曲目のコンディションを試聴可
"A Change Is Gonna Come"に思わずゾクゾクっときてしまう1枚。この時代はこのような濃い盤が当然のように大メジャーの国内盤でリリースされていました。四半世紀経って、日本の大衆文化面でのカルチャー度はかなり低下してきたのかも知れません。このままではほんとに日本は世界の中でB級、C級の国になってしまいそうです。と嘆く前に自分でもやれる限りは頑張って面白い輸入盤、これからも新譜CDの方で入れていきたいですが。(appleJamのウェッブサイト 〜 Now In Stockのページをご注目下さい)





Bobby Womack & The Valentinos - S/T  ¥3,800tax in
国内盤 P-Vine PLP-6011  ( 掲載日 2012年12月5日 収納棚 LP 10 )
コンディション   A'-A 帯付
Testing A-1 導入溝からA面1曲目のコンディションを試聴可
Testing B-1 導入溝からB面1曲目のコンディションを試聴可
サム・クック直系、一番弟子とも言うべき存在で同じくサムの流れを汲みその後自分の城を築き上げたジョニー・テイラーと並ぶ、シーンで最も重要なソウルシンガーの一人です。極めつけのボビー節炸裂のアルバムで、さすがP-vineが目を付ける盤はいつもひと味違います。





Bobby Womack - The Poet  ¥1,000tax in
1981年 USA盤 Beverly Glen Music BG-10000  ( 掲載日 2012年12月3日 収納棚 LP 10 )
コンディション   A-C
Testing A-1 導入溝からA面1曲目のコンディションを試聴可
Testing B-1 導入溝からB面1曲目のコンディションを試聴可
ギターにDavid T.Walker、ベースにNathan Eastといった、かなり都会的でお洒落なセンスをしたメンバーの参加が確実に音に現れた1枚。従来のソウルという概念から確実にブラコンと言われる感覚の音に変化しています。特にA-2のセンスなどは、ブルーアイド・ソウル系の白人シンガーが好んで取り上げそうないわゆるAORサウンドに近いものを感じます。A-3で聴けるソフトタッチのナチュラルなチョッパー・ベースがきっとネイザンのベースかなと思います。まさに典型的な80年代型ブラコンの王道、こういうウォマックも最高にファンキーに感じます。盤のコンディションは抜群ですが、ジャケが一部底割れで、クリアテープによる修復有りです。




Bobby Womack - Home is Where The Heart Is
UK Edsel ED-172 A'-A' \2,000
tax in
"A Change Is Gonna Come"に思わずゾクゾクっときてしまう1枚。
さすがエドセルが目を付けた復刻盤、全体的にも永久保存版でコレクションにしたい
内容です。この盤はA・B面とも完全試聴の上でコンディション表示をしています。

Bobby Womack - Undestanding:Communication(2LP)
UK Charly R&B CDX-36 A'-A \3,000
tax in
ウォマックの71年と72年の極めつけのアルバム2点をカップリングしたアルバム。
いずれもウォマック全活動における傑作中の傑作盤なので非常に濃くてお得な
2枚組と言えます。これを単独のLPで2枚揃えるのはかなり困難でもありますの
でファンには嬉しい再発LPでもあります。音も中域に艶というか張りがある感じ、
表示は特にありませんが何かの際にリマスタリングした新しいマスターテープを
使用したのではないかと思います。ことさら不自然にドンシャリに細工したリマス
ターとは異なり、不自然さがないのが嬉しいです。CDで聴くのとは異なり、バンド
の音にも実に深みを感じ、ウォマックの歌にはその体温さえも感じます。素晴らしく
ナチュラルな録音だったことが判ります。"Understanding"の方の「Sweet Caroline」
等、泣けるほどスイートで軽快なソウルチューン、まさサム直系の手触りです。この
盤はA・B面とも完全試聴の上でコンディション表示をしています。

Bobby Womack - The Poet/UK Dome LP-19 A-C \1,000tax in
ギターにDavid T.Walker、ベースにNathan Eastといった、かなり都会的でお洒落な
センスをしたメンバーの参加が確実に音に現れた1枚。従来のソウルという概念か
ら確実にブラコンと言われる感覚の音に変化しています。特にA-2のセンスなどは、
ブルーアイド・ソウル系の白人シンガーが好んで取り上げそうないわゆるAORサウ
ンドに近いものを感じます。A-3で聴けるソフトタッチのナチュラルなチョッパー・ベー
スがきっとネイザンのベースかなと思います。まさに典型的な80年代型ブラコンの
王道、こういうウォマックも最高にファンキーに感じます。盤のコンディションは抜群
ですが、ジャケが一部底割れで、クリアテープによる修復有りです。恐らく90年代に
入ってから英国で再発された新しい盤と思います、多分。この盤はA・B面とも
完全試聴の上でコンディション表示をしています。