ご注文方法 / top page

売りレコ・CD是非当店へお売り下さい!
   appleJam中古盤館貴方が作るお店です。

中古盤 Used Vinyl

コンディションはA.B.C.の三段階評価です。最初のアルファベットが盤質 あとのがジャケットの評価です。例) A-B ・・・盤はAランクでジャケットがBランクです。
※掲載後に売れたあとの削除が遅れる場合があります。ご注文を頂いた品が万一売り切れておりました際はご容赦頂けますようお願い申し上げます。

Vinyl

John Coltrane - Time
1973年国内盤キングレコードSR-3147 \2,300tax in
コンディションB-B   (収納棚JAZZ3)
ケニー・ドーハム(tp)との二管でピアノがセシル・テイラーという
二度はなかったはずの組み合わせによる1958年吹き込み。
この盤はA・B面とも完全試聴の上でコンディション表示をしています。

John Coltrane - A Love Supreme(邦題 至上の愛)
国内盤ビクター音産 VIM-4610  \900tax in
コンディション B'-A'帯付 (収納棚JAZZ2)
何となく宗教色も滲む感じ、この日のトレーンはスタジオ内で神と
交信していたという説もある盤。ひとこと感動的!です。この盤は
A・B面とも完全試聴の上でコンディション表示をしています。

John Coltrane - A Love Supreme(邦題 至上の愛)
国内盤日本コロムビア YP-8527 \600tax in
コンディション C-B (収納棚JAZZ2)
何となく宗教色も滲む感じ、この日のトレーンはスタジオ内で神と
交信していたという説もある盤。ひとこと感動的!です。スクラッチ
ノイズが多いですが、名盤をとにかく沢山聴きたい、持っていたい
という方にもお手頃かと思います。この盤はA・B面とも完全試聴の
上でコンディション表示をしています。

John Coltrane - A Love Supreme(邦題 至上の愛)
国内盤東芝音工 IMP-88060 \2,500tax in
コンディション B-B' (収納棚JAZZ2)
何となく宗教色も滲む感じ、この日のトレーンはスタジオ内で神と
交信していたという説もある盤。ひとこと感動的!です。この東芝
音楽工業から出た盤が日本で最も最初にリリースされた盤。ビー
トルズ同様、後に東芝EMIに改名する以前のこの「東芝音楽工業」
の名前入りの盤に価値を見ているアナログファンも多く居ます。同
時掲載の他社盤よりジャケット写真のコントラストが淡いのは撮影
時のニュアンスの違いではなく、実際にもその濃さにかなり差があ
ります。この盤はA・B面とも完全試聴の上でコンディション表示を
しています。

John Coltrane - Coltrane At Newport
国内盤MCA VIM-4632 \1,800tax in
コンディションB-B
1963年7月と1965年7月のそれぞれニューポート・ジャズ・フェスト
に於けるトレーン四重奏団を収録。この盤はA・B面とも完全試聴
の上でコンディション表示をしています。

John Coltrane Live at the Village Vangerd
国内盤ビクター音産VIM-4611 \2,500
tax in
コンディションA-A帯付 (収納棚JAZZ2)
トレーンの生涯を象徴するかのような、まさに完全燃焼の姿を見せたのがこの
ヴィレッジヴァンガードに於ける61年11月の4daysのステージでした。後にこの
時の模様がコンプリートな4枚組でCD化された(国内盤ユニバーサル・ビクター
MVCI-17005/8)箱が私には一生の宝物になっていますけど、やはり多感な時
期にジャズ喫茶で聴いたこのアナログ盤の at the Village Vangerd に寄せる思
いもひとしおです。個人的にはスピリチュアルなジャズへの憧憬はすべてこの盤
から始まったといえる特別な一枚。そしてシーンの評価も恐らくこの盤がトレー
ンの遺産の中でも屈指の一枚であることは間違いありません。何度聴いても
心の中に感動の嵐を再現します。この盤はA・B面とも完全試聴の上でコンディ
ション表示をしています。

John Coltrane - Impressions
国内盤ビクター音産VIM-4612 \2,500
tax in
コンディションA-A帯付 (収納棚JAZZ2)
1961年11月、1962年9月、1963年4月NY録音
個人的にはインパルス時代のトレーンの最高傑作と感じている1枚ですが、実際は「アフリカブラス」や
「ライヴ・アット・ヴィレッジヴァンガード」等、インパルスに於けるトレーンの代表作となった作品に続く
同レーベルでの七作目として、ややオムニバスっぽい編集でリリースされた盤。収録の4曲の内、長尺の
2曲が共に61年11月5日のヴィレッジヴァンガードでのライブ・トラックで、そのうちA-1にはエリック・ドル
フィーがバスクラで参加しています。あとの曲はセットによってドラムがエルヴィン・ジョーンズとロイ・ヘ
インズ、ベースがジミー・ギャリソンとレジー・ワークマンの間で交代有り。ピアノはお馴染みのマッコイ・
タイナーです。この時の61年のヴィレッジヴァンガードは現在はコンプリートな4枚組のCD-BOX(国内盤
ユニバーサル MVCI 17005/8 \7,476円)が出ていますので、とことんこの時期のトレーンにはまって
みたいかたはそちらをお薦めします。この盤はA・B面とも完全試聴済みの上でコンディション表示を
しています。

John Coltrane - Africa/Brass
1976年国内盤 日本コロムビアYP-8501 \1,200tax in

コンディションB-C帯付 (収納棚JAZZ2)
1961年5月、6月録音。トレーンの、記念すべきインパルスへの初吹き込みに当たる作品で、
ドルフィーやマッコイ・タイナーにエルヴィン・ジョーンズはもとよりブッカー・リトル他何人もの
金管群もが参加、ちょっとしたオーケストラ といった分厚い響きを伴っているのが大きな作品的
特徴です。標題の「アフリカ」の持つインパクトは言うに及ばず、実は個人的にはトレーンのオリ
ジナル・ブルース「ブルースマイナー」がブルーノート盤で大ヒットした「ブルートレーン」と同じくら
い大好きなのです。この曲の後半で吠えまくるトレーンのサックス、この時代の他のどんなプレ
イヤーよりも存在感がありました。ノイズがやや多いかなというのと、あと見開きのジャケットの
表側は美麗ですが内側が一部黴びて変色しているのが残念です。この盤はA面のみ完全試聴、
の上でコンディション表示をしています。

John Coltrane - Africa/Brass
1964年国内盤キングレコード SH-3018 \3,800
tax in
コンディションC-C帯付 (ジャケット底割れと背割れ有)
1961年5月、6月録音 トレーンの、記念すべきインパルスへの初吹き込みに当たる作品で、
ドルフィーやマッコイ・タイナーにエルヴィン・ジョーンズはもとよりブッカー・リトル他何人もの
金管群もが参加、ちょっとしたオーケストラ といった分厚い響きを伴っているのが大きな作品
的特徴です。標題の「アフリカ」の持つインパクトは言うに及ばず、実は個人的にはトレーンの
オリジナル・ブルース「ブルースマイナー」がブルーノート盤で大ヒットした「ブルートレーン」と
同じくらい大好きなのです。この曲の後半で吠えまくるトレーンのサックス、この時代の他の
どんなプレイヤーよりも存在感がありました。あいにく両面とも盛大にノイズが発生しますが幸
いにも音自体にはそれほど濁りはなく、まだ許容の範囲にあると感じます。また、それ以上に
この盤は1964年に「来日記念発売」の告知帯付きで出た盤、その帯が写真でも判りますよう
に、背面も全部覆っている通常タイプの帯ではなくジャケットの上下に引っ掛けてあるだけの
ハンガータイプなのが特徴です。この盤はA・B面とも完全試聴済みの上でコンディション表示
をしています。

John Coltrane - Giant Steps
Japan Warner:Atlantic P-7502盤質A ジャケットA' \3,500tax in

1959年12月録音 John Coltrane(ts),Tommy Flanagan(p on all except B-2),
Wynton Kelly(p on B-2)),Paul Chambers(b),Art Taylor(ds on all except B-2)
Jimmy Cobb(ds on B-2) (収納棚Jazz-1)
1959年はジャズにとっては20世紀で最も重要な年だった言っても過言ではないくらい、
後のシーンに大きな影響を与えた盤が数多く登場しました。トレーンのこのアルバムは
そんな重要作品の中でも最も重要なもののひとつです。この日トレーンが本気で取り組
んだモード奏法の概念に、完全には付いて行けなかったフラナガンがそれがトラウマに
なり、後に自身の手でこの日やった"Giant Steps"を再演した話は有名。マイルスがこの
年59年3月に一足先にモード奏法による作品"Kind of Blue"を制作、その日共演したトレ
ーンがそれに触発されたことは容易に想像が付きます。全曲全くノイズ感無し、音も極上
のレベルで50年代ジャズとして望みうる最高のクオリティをした盤です。この盤を同時に
CDと聞き比べますと如何に50年代ジャズはアナログが有利かを体感して頂けると思い
ます。この盤はA・B面とも完全試聴済みの上でコンディション表示をしています。

John Coltrane - The Last Trane
USA Fantasy(Prestige)OJC-394 A-A \2,500
tax in
ドナルド・バード(tp)が全4曲中2曲に参加、レッド・ガーランド(p)とポール・チェンバース(b)
という黄金の布陣をバックに朗々とテナーを吹く58年2月と3月の録音。ストレートに豪快な
トレーンのテナーが聴ける文字通りのハードバップ・セッション。この盤はA・B面とも完全
試聴の上でコンディション表示をしています。

John Coltrane - Africa/Brass
国内盤 1977日本コロムビア:Impuls! YP-8571 A'-A' \2,000
tax in
1961年5月、6月録音
トレーンの、記念すべきインパルスへの初吹き込みに当たる作品で、ドルフィーやマッコイ・タイナーに
エルヴィン・ジョーンズはもとよりブッカー・リトル他何人もの金管群もが参加、ちょっとしたオーケストラ
といった分厚い響きを伴っているのが大きな作品的特徴です。標題の「アフリカ」の持つインパクトは
言うに及ばず、実は個人的にはトレーンのオリジナル・ブルース「ブルースマイナー」がブルーノート盤で
大ヒットした「ブルートレーン」と同じくらい大好きなのです。この曲の後半で吠えまくるトレーンのサックス、
この時代の他のどんなプレイヤーよりも存在感がありました。所々でノイズがやや多いのが残念ですが
幸い音自体はとてもクリーンで変な濁りはありません。アナログ盤だと当時ジャズ喫茶で聴いたのと
同じ音が蘇るのがほんとに不思議、トレーンは絶対アナログで聴きたいジャズマンであります。
この盤はA・B面とも完全試聴済みの上でコンディション表示をしています。

John Coltrane - Live at Birdland
国内盤ビクター(Impuls!)VIM-4622 A-A' 帯付 \2,400
tax in
マッコイ・タイナー(p)、・ジミーギャリソン(b)、エルヴィン・.ジョーンズ(ds)というお馴染みの三者をバックに
ワンホーンでトレーンが吹く非常に中味の濃い盤。個人的にはアナログ時代からこれが "ジャイアント・
ステップス"に並ぶトレーン最大の愛聴盤の1枚でした。というのもA-1の「アフロ・ブルー」が「大好き」を
百個並べても足りないくらい好きで、それは"ジャイアント〜"に収録の「ミスター・P.C.」と匹敵するくらい
のフェイバリット・ソングなのです。と、個人的な好みは置いておくにしても63年10月収録のライヴトラック
(A面)と同年11月収録のスタジオ・トラック(B面)との対比とバランスが絶妙で、数あるトレーンの作品の
中でもこれがベスト中のベストであることを疑う人は居ないのではないかと思います。何回でも繰り返し
聴きたくなる中毒性もある魔法のようなアルバム。ジャケットの外側は超美麗でAランク、見開くと内側の
白い部分が少々変色していてA'ランクです。この盤はA・B面とも完全試聴の上でコンディション表示を
しています。

John Coltrane - Kulu Se Mama
国内盤Victor:MCA VIM-4625 A'-A'帯付 \2,000
tax in
1965年録音
A面の全てを占める18分超の大作「クル・セ・ママ」はマッコイ・タイナー(p),ジミー・ギャリソン(b),
エルヴィン・ジョーンズ(ds)といういつもの黄金のトリオにファラオ・サンダース(ts),ドナルド・ギャ
レット(bc)、さらにはヴォイスと歌にジュノ・ルイスが参加、強烈なアフリカ色を全面に出した原色
そのままのイメージのに仕上がっています。B面の2曲はいつものカルテット編成でいつもトレーン
という感じ、A面のあと聴くと何かほっとするものを感じます。盤のコンディションは極めて良好です。
この盤はA・B面とも完全試聴済みの上でコンディション表示をしています。

John Coltrane - Expression /USA Impuls! A-9120 B-A' \1,500tax in
1967年2月、3月録音 John Coltrane(ts),Alice Coltrane(p),Jimmy Garrison(b),
Rashied Ali(ds),Pharoah Sanders(piccolo)
この年67年7月17日に亡くなったトレーンの遺作にあたる作品。
混沌とした表現手法の中に、トレーン自身もこのとき自身のゴールが何処なのか見失って
いたのでは、などと考える私は結局今もこの時期の彼を理解できていないのかも知れません。
所々ノイズがありますが全体的にはかなり良好なコンディションです。
この盤はA・B面とも完全試聴済みの上でコンディション表示をしています。

John Coltrane - Coltrane in Japan (3LP)
国内盤日本コロムビア YB-8501/3
カートンボックス入り A'-A' \9,900tax in
(収納棚JAZZ4)
-今や伝説となった限りなくスピリチュアルだったトレーンの日本公演の全てがここに!