ご注文方法 / top page appleJam中古盤館

売りレコ・CD是非当店へお売り下さい!
   appleJam中古盤館貴方が作るお店です。

コンディションはA.B.C.の三段階評価です。最初のアルファベットが盤質 あとのがジャケットの評価です。例) A-B ・・・盤はAランクでジャケットがBランクです。
※掲載後に売れたあとの削除が遅れる場合があります。ご注文を頂いた品が万一売り切れておりました際はご容赦頂けますようお願い申し上げます。

中古アナログ盤  Vinyl

渡辺香津美 - Kylyn Live 2LP  ¥3,000tax in
1979年 国内盤 日本コロムビア YB-7506〜7-ND  ( 掲載日 2012年11月30日 収納棚 LP 10 )
コンディション   A'-A'
Testing A-1 導入溝からA面1曲目のコンディションを試聴可
Testing B-1 導入溝からB面1曲目のコンディションを試聴可
Testing 2A-1 導入溝からA面1曲目のコンディションを試聴可
Testing 2B-1 導入溝からB面1曲目のコンディションを試聴可





渡辺香津美 - Mobo  2LP  《売り切れ》
国内盤 DOMO Records AW-20006-7 
コンディション  A-A'
Testing A-1 導入溝からA面1曲目のコンディションを試聴可
Testing B-1 導入溝からB面1曲目のコンディションを試聴可
Testing C-1 導入溝からC面1曲目のコンディションを試聴可
Testing D-1 導入溝からD面1曲目のコンディションを試聴可
ギター小僧からギター法師へ大飛躍した香津美! とライナーに大書してある部分、私にはギターの天才が遂に神様になったと読めてしまうくらいこれは超重量級の熱血but涼快な作品です。今回もまたマーカス・ミラーやマイケル・ブレッカーといった凄腕現地ミュージシャンを起用したニューヨーク録音。時としてベースが主役級で活躍する場面もあってこの時代益々その存在感と重要性を増していたベース奏者に対する活躍のスペースを大きくとったものだと感じます。この盤はA・B面とも完全試聴の上でコンディション表示をしています。





渡辺香津美 ロンサムキャット \2,500tax in
1975年日本コロムビアYX-7525 コンディション A-A'帯付    (収録棚JAZZ7)
Testing A-1 〜導入溝からA面1曲目の一部を試聴可
Testing B-1 〜導入溝からB面1曲目の一部を試聴可
ピアノにジョージ・ケイブルス、エレベにアレックス・ブレイク、ウッドベースにセシル・マクビーそしてドラムにはレニー・ホワイトを迎えたこれもまた超豪華なメンバーでの1977年12月のニューヨーク録音。当時、時代の最先端をいっていたDENON-PCMの技術を駆使して吹き込まれた1枚で、そのリリース当時のセンセーショナルな展開が思い出されます。この盤はA・B面とも完全試聴の上でコンディション表示をしています。






渡辺香津美 - オリーブ・ステップ \2,000tax in
1977年国内盤 日本コロムビア YX-7580
コンディション A-A'    (収納棚JAZZ6  掲載日2010年3月26日)
Testing A-1 導入溝からA面1曲目のコンディションを試聴可
Testing B-1 導入溝からA面1曲目のコンディションを試聴可

私事で恐縮ですが、この77年当時私が住んでいた都内のアパートの隣人であったジャズ・ギタリストがそれまで一緒に仕事をしてきた井野さんがどんどん渡辺香津美氏との仕事の方が忙しくなって、バンド仲間としては別れることになりそうだと残念そうに語っていた頃のアルバムなのでこの盤を見るといつもその頃の生活がフラッシュバックしてしまいます。77年6月吹き込みのこの盤ではB面のベースがその井野義信氏、A面のベースは後藤次利氏でこの時期私が勤務していたレコード・チェーンの新宿店にたまに遊びに来ていたつのだヒロ氏が坂本龍一氏と名を連ねてこの盤のA面に参加しているのもこの作品が個人的に印象深くなる要素のひとつです。ということで、検盤しながらも懐かしくてしばらく仕事を忘れてしまった盤になりました。アルバム自体もゴキゲンな仕上がりです。





渡辺香津美 - ヴィレッジ・イン・バルブス
1978年国内盤 日本コロムビア YX-7587 A-A' \2,200
tax in
これもまた総勢30名近い現地ミュージシャンを起用した豪華ニューヨーク・セッション。
ストリングスだけで14名も居る文字通りの大編成楽団ですが、そのサウンドの爽やかさは
特筆、どのような酷暑の日でも音だけで一発で涼める内容になっています。このときの相棒
が増尾好秋(g)で、おっとりとした歌えるラインがソロ・プレイにも出る増尾と、比較的流麗な
快速演奏を好む香津美との対比も面白い要素。この盤はA・B面とも完全試聴の上でコンデ
ィション表示をしています。


渡辺香津美 - Mermaid Boulevard
1978年国内盤 アルファ ALR-6001 A'-B \1,000
tax in
当時世界的に人気絶頂ギタリストだったリー・リトナーを相棒に、パトリース・ラーシェン(kb)
アーニー・ワッツ(ts,fl),アンソニー・ジャクソン(b)、ハーヴィー・メイソン(ds)等々超豪華な仲間
たちと繰り広げた極上フュージョン・ギターの世界。惜しいかなB面に目に見える大きなサイズ
の傷がありますが、幸い音にはほとんど(全く)影響していませんでした。この盤はA・B面とも
完全試聴の上でコンディション表示をしています。


渡辺香津美 - To Chi Ka
1980年国内盤 日本コロムビア YX-7265 A-A帯付 \2,800
tax in
これもまた香津美以外は全員が現地のミュージシャンという豪華編成で臨んだ80年3月の
ニューヨーク録音。メンバーはいずれもが超一流の人々で、マーカス・ミラー(b)にスティーヴ・
ジョーダン(ds)をはじめピアノはケニー・カークランドという総勢9名がバンドに集結。まさに
80年代の象徴とも言うべきリッチなフュージョン・サウンドが炸裂しています。この盤はA・B
面とも完全試聴の上でコンディション表示をしています。