ご注文方法


中古盤 Used Blues Vinyl

コンディションはA.B.C.の三段階評価です。最初のアルファベットが盤質 あとのがジャケットの評価です。例) A-B ・・・盤はAランクでジャケットがBランクです。
※掲載後に売れたあとの削除が遅れる場合があります。ご注文を頂いた品が万一売り切れておりました際はご容赦頂けますようお願い申し上げます。

Blues Soul R&B Vinyl

Z

Z.Z.Hill - I'm a Blues Man \1,500tax in
USA 1983 Malaco 7415   (収録棚BLUES7)
コンディションA'-B
時代性を反映したあか抜けたアレンジに、ソウルからブラコンへと黒人音楽の流れが変わりつつあることを
意識せざるを得ない時期でした。このアルバムも何となくそのようなことを感じさせる音作りです。コアなソウル
ファンにはブラコン風の音作りを苦手とする方もありますが、シンガー自体にはブラコン的アレンジが大好きと
思われる人もいて必ずしも流行だから売れたくてやっている・・・訳でもなさそうな、これもまたそんな感じの
1枚であります。
Testing A-1 〜導入溝からA面1曲目のコンディションを試聴可
Testing B-1 〜導入溝からB面1曲目のコンディションを試聴可


Z.Z.Hill - S/T   \1,000tax in
国内盤ビクター音産 VIP-6794   (収納棚BLUES5)
コンディションA'-A'帯付 (見本盤)
この盤はA・B面とも完全試聴の上でコンディション表示をしています。

Z.Z.Hill - Down Home \1,800tax in
USA 1982 Malaco MAL-7406  (収納棚BLUES6)
コンディションA'-A'
このZ.Z.のアルバムが録音されたマラコ・スタジオはミシシッピー州ジャクソンにあるのですが
そのマラコスタジオに実際に一度お邪魔させて頂いたことがあります。1990年当時はJODに
勤務していた高梨俊彦添乗員(現在はフロンティア・ワールドの添乗員)の独自企画「ダウン
ホーム・ブルースツアー」の一行三十数人で押しかけた格好にも関わらず、プロデューサーの
ウルフ・ステフェンソン氏は大変に快く私たちを迎え入れてくれました。土産話にどうぞといって、
希望者には録音したてのドロシー・ムーアの新録音源をスタジオブースで聴かせてくれて、その
あまりの生々しい音に全身鳥肌が浮いたのを昨日のことのように記憶しています。そのウルフ
氏がプロデュースしたこの Z.Z.Hill の盤、やはりこのアルバムも完璧にマラコ・サウンドの装い
をしています。暖かみのあるもこもこっとしたサウンドでありながら時折入るシンセのストリング
スがとても艶やかで何とも華のある音。土くさい中にもしっかりモダンなテイストで覆われている
音がマラコの特徴です。さらに特筆はヴォリュームを爆音にあげても心地よく響くZ.Z.の歌には
また別な感動を覚えます。同じマラコ盤でもヴォーカルがこのように柔らかく録れているものば
かりではありません。この「ダウンホーム」はZ.Z.の決定的名盤であるばかりか、マラコを代表す
る極上のブルーズン・ソウルアルバムであり、さらにえばこの作品こそが80年代にブルース・ブ
ームを再燃させた火付け役的なアルバムでもあります。良くできたアルバムは時代性を超越し
てしまうことを度々経験していますけど、これもまたそんな別格の1枚と言えます。盤質は惜しく
もB面後半で耳障りなノイズが発生しますが全体的には良好です。この盤はA・B面とも完全
試聴の上でコンディション表示をしています。

Z.Z.Hill - Down Home /国内盤 1982ビクター(malaco原盤)VIP-6821 A-A' \1,500tax in
このZ.Z.のアルバムが録音されたマラコ・スタジオはミシシッピー州ジャクソンにあるのですが
そのマラコスタジオに実際に一度お邪魔させて頂いたことがあります。1990年当時はJODに
勤務していた高梨俊彦添乗員(現在はフロンティア・ワールドの添乗員)の独自企画「ダウン
ホーム・ブルースツアー」の一行三十数人で押しかけた格好にも関わらず、プロデューサーの
ウルフ・ステフェンソン氏は大変に快く私たちを迎え入れてくれました。土産話にどうぞといって、
希望者には録音したてのドロシー・ムーアの新録音源をスタジオブースで聴かせてくれて、その
あまりの生々しい音に全身鳥肌が浮いたのを昨日のことのように記憶しています。そのウルフ
氏がプロデュースしたこの Z.Z.Hill の盤、やはりこのアルバムも完璧にマラコ・サウンドの装い
をしています。暖かみのあるもこもこっとしたサウンドでありながら時折入るシンセのストリング
スがとても艶やかで何とも華のある音。土くさい中にもしっかりモダンなテイストで覆われている
音がマラコの特徴です。さらに特筆はヴォリュームを爆音にあげても心地よく響くZ.Z.の歌には
また別な感動を覚えます。同じマラコ盤でもヴォーカルがこのように柔らかく録れているものば
かりではありません。この「ダウンホーム」はZ.Z.の決定的名盤であるばかりか、マラコを代表す
る極上のブルーズン・ソウルアルバムであり、さらにえばこの作品こそが80年代にブルース・ブ
ームを再燃させた火付け役的なアルバムでもあります。良くできたアルバムは時代性を超越し
てしまうことを度々経験していますけど、これもまたそんな別格の1枚と言えます。この盤はA・B
面とも完全試聴の上でコンディション表示をしています。